サーバルキャットの特徴

ブリーダー目線のサーバルキャットの特徴(子猫編)

投稿日:2017年11月22日 更新日:

特徴1.

サーバルキャットの子猫は母の母体で72~76日かけて産まれる。
出生時の体重は、300g~360g位。

生まれて直ぐ被毛が乾いて来るとサーバル特有のスポット模様の体・虎耳状斑のある耳・ジャガイモの様な少々ブサ可愛い顔を覗かせる。

それから一心不乱に母乳を飲み、生後1週目で目が開いてくる。

ミルクを飲む量はイエネコの3倍~4倍強と食欲旺盛である。

目が開くと、とても可愛らしくなり見ているものも「キュン」とするほど可愛らしさが見て取れる。

生後2週目には耳の大きさが顕著に目立ち、まるでスコティッシュフォールドの様に耳が垂れてくる。

生後3週目には重さは1kgを超え立つ練習をし始める。

生後4週目、歯が生えて来て垂れた耳も大きくそそり立つ様になる。

この頃からミルクを飲む事を徐々に嫌い離乳食の導入に至る。

離乳食を食べる量はイエネコの3倍~4倍強と食欲旺盛である。

生後5週目ではキビキビと歩き始め、チョンチョンとジャンプしたりするようになる。

生後6週目ではあどけなさは残しつつサーバルキャットになっている。

-サーバルキャットの特徴
-, ,

Copyright© サーバルキャットの子猫販売店ブリーダーズサイト , 2018 All Rights Reserved.