サーバルキャットの特徴

サーバルキャットの性格(喜怒哀楽)と飼育

投稿日:2017年12月1日 更新日:

サーバルキャットの室内完全飼育をしているブリーダー販売店として、よく聞かれることがサーバルキャットの性格です。

一般的なイメージとして、トラを飼う覚悟でお問い合わせをいただくこともあるのですが、当キャッテリーで育んだ子猫は大変人になつく、素直で人に従順な性格です。

サーバルキャットの性格と飼育

また飼育方法もよく聞かれますので、性格(喜怒哀楽)と併せてご説明いたします。

飼育方法に関しましては、ご予約(譲渡)させていただいたお客さまには、検索しても分からない実生活に沿った実践的な当キャッテリー独自のノウハウもお伝えしております。

サーバルキャットの性格と飼育

サーバルキャットの性格

野生下に於けるサーバルキャットの性格は、極めて神経質で隙が無くまるで鋭利な刃物に形容出来るくらい研ぎ澄まされており、警戒心も人一倍強い。

しかし、人間が手をかけ育て上げたサーバルキャットはとても人に従順で、感が強い事も功を奏しとても人の感情を読む事ができる。

よって、愛してあげればあげる程犬よりも従順で訓練もしやすい。

一緒に寝る事は無論、人と常に行動を共にするようになる。

サーバルキャットの喜怒哀楽

喜怒哀楽

  • 喜:彼らはとても賢く、学習能力優良種でもあり、例えば笑っているとき(嬉しいときは、目が垂れ口角が上がり、口数は増える)。
  • 怒:怒っているとき(顔面の筋肉全体が引き締まり瞳孔が大きくなり)威嚇し、攻撃的になります。
  • 哀:悲しいときは(目が垂れ切ってしまい、下を向き小言を言うように小さな声で鳴きながら、少々うつむき加減になる。)
  • 楽:楽しいときは(走りながら笑い顔でおもちゃなどで遊び鳴き声のトーンも高くハイテンションでオーナーの下におもちゃをもって来て遊んで!と懇願する)。
  • 参照:https:servalcat.jp/home

人間の要求するリアクションでやって良い事・悪いことを判別し、認識する能力に長けていると言う事は、とても、シャイな反面孤独で一人では生きていく勇気がない反面も持ち合わせています。

サーバルキャットは、心を許した動物又は人間には「無償の愛」を持って接してくるので、甘えん坊でも在り寂しがり屋でも在ると言える。

サーバルキャットの飼育

サーバルキャットは、基本完全肉食性で、食べ物が少ないとフルーツや野菜にも手を出す。

こと、フードに関しては嗜好性は高いが栄養価不足にもなるのでフードに関しては注意をはらい厳選する事が寛容である。

ビニール系のおもちゃやスーパーのビニール袋・ペットシーツ等は要注意カサカサ音がするので興味を持って最初は遊んでいるが食べてしまう事もある。

そうすると、腸閉塞を起こし飢餓状態に陥り死亡する例も有るので注意が必要です。

これはブリーダーとしての推測となりますが、よく展示用のサーバルキャットが僅か数日で死亡してしまうというニュースを聞くことがあります。

あたかも人工飼育(ペット)に適さないような印象を与えてしまうが、これは上記のような誤飲が原因ではないかと推測しています。

ペットしての触れ合い飼育

サーバルキャットは、人間の要求するリアクションでやって良い事・悪いことを判別し、認識する能力に長けています。

と言う事は、とてもシャイな反面、孤独で一人では生きていく勇気がない反面も持ち合わせ、心を許した動物又は人間には「無償の愛」を持って接してくるので甘えん坊でも在り寂しがり屋な性格が飼育面でも関係してきます。

サーバルキャットと触れ合うためにはオーバーリアクションで攻略すべきです。

サーバルキャットの喜怒哀楽を感じながら、オーバーリアクションなぐらいで接すると良いです。

飼育されたサーバルは、遺伝子レベルで人間に依存することが刷り込まれているのか、目元は垂れてとても明るく振舞います。

家族に限られますが、顔筋を緩めて常に構って!と甘い声で鳴き、常に家族と行動を共にする事から怒らず・叱らず常に感情を載せた言葉で優しく接すれば甘えたに育成する事が出来ます。

-サーバルキャットの特徴
-, ,

Copyright© サーバルキャットの子猫販売店ブリーダーズサイト , 2018 All Rights Reserved.